メニューを開く 検索を開く ログイン

明らかになりつつあるC型肝炎への実臨床でのDAA治療

肝がん既往例もAFP値が改善

 2016年06月27日 15:00
プッシュ通知を受取る

 現在、C型肝炎に対しては主に直接作用型抗ウイルス薬(DAA)による治療が行われ、高い治療成績を上げている。しかし、ダクラタスビル(DCV)+アスナプレビル(ASV)の治療不成功例や薬剤耐性変異、ウイルス学的著効(SVR)達成後の発がんなどの問題は残っている。山梨大学消化器内科(肝疾患センター長・准教授)の坂本穣氏は「DCV+ASV併用治療は耐性変異の除外で高い治療効果が得られ、肝がん既往例でもAFP値が改善したことから発がん抑制にも有効な可能性が示された。ソホスブビル(SOF)/レジパスビル(LDV)合剤による治療は耐性変異例に対しても効果が高い」と、第102回日本消化器病学会総会(4月21〜23日,会長=東京医科歯科大学消化器病態学教授・渡辺守氏)のシンポジウム「C型肝炎治療の新時代と将来への展望」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  明らかになりつつあるC型肝炎への実臨床でのDAA治療