メニューを開く 検索を開く ログイン

透析患者でも有用、DAAによるC型肝炎治療

 2016年06月28日 07:00
プッシュ通知を受取る

 C型肝炎は、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)を中心とした治療法の進展により、多くの症例で高い治療効果が期待できるようになった。しかし、現在でもC型肝炎合併の透析患者に対するDAA治療の効果、安全性は不明である。北海道大学消化器内科の須田剛生氏は「C型肝炎合併透析患者に対するダクラタスビル(DCV)/アスナプレビル(ASV)併用療法は安全で有効」と、第102回日本消化器病学会総会(4月21〜23日,会長=東京医科歯科大学消化器病態学教授・渡辺守氏)のシンポジウム「C型肝炎治療の新時代と将来への展望」で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  透析患者でも有用、DAAによるC型肝炎治療