メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  甘草含有漢方薬の副作用、偽アルドステロン症を予測

甘草含有漢方薬の副作用、偽アルドステロン症を予測

第67回日本東洋医学会学術総会

 2016年06月28日 13:25
プッシュ通知を受取る

 甘草含有漢方薬の副作用である偽アルドステロン症は、その原因の1つにMultidrug Resistance Protein2(MRP2)の機能低下が指摘されている。慶應義塾大学漢方医学センターの吉野鉄大氏らは、診療録を用いた後ろ向き研究により、偽アルドステロン症の主要症候の1つである低カリウム血症と、MRP2機能低下の症候の1つである直接ビリルビン高値との関係を検討。直接ビリルビン高値は偽アルドステロン症発症の重要な予測因子になりうることを、第67回日本東洋医学会学術総会(6月3~5日、会頭=医療法人東洋病院理事長/徳島大学臨床教授・清水寛氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  甘草含有漢方薬の副作用、偽アルドステロン症を予測

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503893 有効期限:12月末まで