メニューを開く 検索を開く ログイン

甘草含有漢方薬の副作用、偽アルドステロン症を予測

第67回日本東洋医学会学術総会

 2016年06月28日 13:25
プッシュ通知を受取る

 甘草含有漢方薬の副作用である偽アルドステロン症は、その原因の1つにMultidrug Resistance Protein2(MRP2)の機能低下が指摘されている。慶應義塾大学漢方医学センターの吉野鉄大氏らは、診療録を用いた後ろ向き研究により、偽アルドステロン症の主要症候の1つである低カリウム血症と、MRP2機能低下の症候の1つである直接ビリルビン高値との関係を検討。直接ビリルビン高値は偽アルドステロン症発症の重要な予測因子になりうることを、第67回日本東洋医学会学術総会(6月3~5日、会頭=医療法人東洋病院理事長/徳島大学臨床教授・清水寛氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  甘草含有漢方薬の副作用、偽アルドステロン症を予測