メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  黄芩含有方剤による肝障害の特徴とは

黄芩含有方剤による肝障害の特徴とは

好酸球増多例で高リスクの可能性

 2016年06月28日 15:25
プッシュ通知を受取る

 漢方薬による薬物性肝障害の約9割は、黄芩(おうごん)含有方剤が原因であるとされているが、その詳細は明らかではない。富山大学和漢診療学講座の野上達也氏は、黄芩含有方剤に起因する肝障害の頻度や特徴などを検討した結果、肝障害は従来の報告より高頻度に発症し、特に、好酸球増多例で発症リスクが高い可能性があることを、第67回日本東洋医学会学術総会(6月3~5日、会頭=医療法人東洋病院理事長/徳島大学臨床教授・清水寛氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

「新御三家」として一世を風靡したスター逝く。西城秀樹の代表曲といえば?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  黄芩含有方剤による肝障害の特徴とは

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P05503894 有効期限:5月末まで