メニューを開く 検索を開く ログイン

黄芩含有方剤による肝障害の特徴とは

好酸球増多例で高リスクの可能性

 2016年06月28日 15:25
プッシュ通知を受取る

 漢方薬による薬物性肝障害の約9割は、黄芩(おうごん)含有方剤が原因であるとされているが、その詳細は明らかではない。富山大学和漢診療学講座の野上達也氏は、黄芩含有方剤に起因する肝障害の頻度や特徴などを検討した結果、肝障害は従来の報告より高頻度に発症し、特に、好酸球増多例で発症リスクが高い可能性があることを、第67回日本東洋医学会学術総会(6月3~5日、会頭=医療法人東洋病院理事長/徳島大学臨床教授・清水寛氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  黄芩含有方剤による肝障害の特徴とは