メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  緑茶がアルツハイマー病予防の鍵に?

緑茶がアルツハイマー病予防の鍵に?

第58回日本老年医学会学術集会

 2016年06月29日 07:10
プッシュ通知を受取る

 近年の疫学研究により、生活習慣がアルツハイマー病(AD)などの認知症の発症に関連している可能性が示唆され、作用機序の解明が進んでいる。第58回日本老年医学会学術集会(6月8~10日、会長=金沢医科大学高齢医学講座主任教授・森本茂人氏)のAging Science Forum「認知症研究の進歩」で金沢大学大学院脳老化・神経病態学(神経内科学)教授の山田正仁氏は、なかじまプロジェクトの成果を紹介。緑茶の摂取習慣が将来の認知症発症リスク低下に関連することを明らかにし、軽度AD患者を対象とした食品に含まれる天然フェノール化合物成分を用いたランダム化比較試験(RCT)が進行していることを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  緑茶がアルツハイマー病予防の鍵に?

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503904 有効期限:12月末まで