メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  多職種チームで取り組むポリファーマシー外来

多職種チームで取り組むポリファーマシー外来

 2016年06月30日 15:45
プッシュ通知を受取る

 近年、ポリファーマシー(多剤併用処方)という言葉がよく聞かれるようになった。ところが、いざ介入しようとすると、「前医の処方だから中止できない」といった理由が障害となるケースも多いようだ。国立病院機構栃木医療センター内科医長の矢吹拓氏は、第7回プライマリ・ケア連合学会学術大会(6月11日~12日、会長=台東区立台東病院・管理者・山田隆司氏)で、多職種チームで取り組んでいるポリファーマシー外来の例を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  多職種チームで取り組むポリファーマシー外来

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12503911 有効期限:12月末まで