メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  食物アレルギーに経皮免疫療法

食物アレルギーに経皮免疫療法

抗原を皮膚に貼付し、全身の副反応少ない

 2016年06月30日 16:15
プッシュ通知を受取る

 小児の食物アレルギー患者に対しては除去食、不完全除去食による治療が行われることが多いが、小児の栄養摂取を制限することの影響は大きく、免疫療法が注目される。同愛記念病院(東京都)小児科副部長の白川清吾氏は、第65回日本アレルギー学会学術大会(6月17~19日、会長=東京女子医科大学内科学第一講座主任教授・玉置淳氏)で抗原を皮膚に貼付して免疫寛容(耐性化)を獲得する経皮免疫療法(EPIT; epicutaneous immunotherapy)について紹介し、従来の経口免疫療法(OIT)に比べて比較的簡便に行えるうえ、重篤な全身性の副反応が少なく安全な免疫療法であると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  食物アレルギーに経皮免疫療法

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06503920 有効期限:6月末まで