メニューを開く 検索を開く ログイン

自閉症スペクトラム障害に甘麦大棗湯が有効

成人の倍量以上での早期開始が重要

 2016年07月01日 16:25
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 自閉症スペクトラム障害(ASD)は自閉症やアスペルガー症候群などを含めた疾患群で、一次障害として対人関係、コミュニケーション、想像力、変化への適応能力に障害が見られ、一次障害に強い不安緊張の反復・持続が加わると、興奮、易怒性、パニックなどの二次障害が引き起こされる。つちうら東口クリニック(茨城県)院長の川嶋浩一郎氏は、これまでにASDに対する甘麦大棗湯の効果が認められたため、ASDに対する甘麦大棗湯の使用経験から、有効性に影響する要因を検討し、早期開始と成人換算2倍量の継続が有効性を高める要因であると、第67回日本東洋医学会学術総会(6月3~5日、会頭=医療法人東洋病院理事長/徳島大学臨床教授・清水寛氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  自閉症スペクトラム障害に甘麦大棗湯が有効