メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  自閉症スペクトラム障害に甘麦大棗湯が有効

自閉症スペクトラム障害に甘麦大棗湯が有効

成人の倍量以上での早期開始が重要

2016年07月01日 16:25

3名の医師が参考になったと回答 

 自閉症スペクトラム障害(ASD)は自閉症やアスペルガー症候群などを含めた疾患群で、一次障害として対人関係、コミュニケーション、想像力、変化への適応能力に障害が見られ、一次障害に強い不安緊張の反復・持続が加わると、興奮、易怒性、パニックなどの二次障害が引き起こされる。つちうら東口クリニック(茨城県)院長の川嶋浩一郎氏は、これまでにASDに対する甘麦大棗湯の効果が認められたため、ASDに対する甘麦大棗湯の使用経験から、有効性に影響する要因を検討し、早期開始と成人換算2倍量の継続が有効性を高める要因であると、第67回日本東洋医学会学術総会(6月3~5日、会頭=医療法人東洋病院理事長/徳島大学臨床教授・清水寛氏)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  自閉症スペクトラム障害に甘麦大棗湯が有効