メニューを開く 検索を開く ログイン

痤瘡治療、維持期にもアダパレンとBPO

尋常性痤瘡治療ガイドライン 2016

 2016年07月04日 07:00
プッシュ通知を受取る

 今年(2016年)5月に日本皮膚科学会から「尋常性痤瘡治療ガイドライン 2016」が公表された。同ガイドライン改訂委員で岡山大学大学院皮膚科学講師の山﨑修氏が、アダパレンや過酸化ベンゾイル(BPO)などの新規治療薬を用い、急性炎症期と維持期に応じた治療を行うためのポイントを第115回同学会総会(6月3~5日、会頭=東京慈恵会医科大学皮膚科主任教授・中川秀己氏)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  痤瘡治療、維持期にもアダパレンとBPO