メニューを開く 検索を開く ログイン

手術適応リウマチ患者は手強くなる

 2016年07月04日 16:45
プッシュ通知を受取る

 現在、生物学的製剤(Bio)やメトトレキサート(MTX)を用いた関節リウマチ(RA)への早期治療介入により、人工関節置換術に至る患者は減少してきている。名古屋大学整形外科講師の小嶋俊久氏は「今後は、合併症が多い、疾患活動性が高いといった手強いRA患者だけが手術適応になってくると予想される」と,第89回日本整形外科学会学術総会(5月12~15日,会長=横浜市立大学整形外科教授・齋藤知行氏)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  手術適応リウマチ患者は手強くなる