メニューを開く 検索を開く ログイン

カルバペネム耐性腸内細菌科細菌、監視の継続を

感染研細菌第2部第一室長・鈴木氏がCREの現状を解説

 2016年07月05日 14:35
プッシュ通知を受取る

 国立感染症研究所細菌第2部第一室室長の鈴木里和氏は、第64回日本化学療法学会総会(6月9〜11日、会長=三田市民病院院長/神戸大学客員教授・荒川創一氏)で日本におけるカルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)の現状を紹介した。外来型カルバペネマーゼ産生株が渡航歴のない患者から分離される事例が報告されており、注意を要すると指摘した。(読み解くためのキーワード:カルバペネム耐性腸内細菌科細菌

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  カルバペネム耐性腸内細菌科細菌、監視の継続を