メニューを開く 検索を開く ログイン

CYP2C19の多型がクロピドグレルの併用効果を左右

TIAおよび軽症脳卒中急性期における二次発作予防

 2016年07月05日 07:00
プッシュ通知を受取る

 CYP2C19の機能欠失型アレルを持たない群でのみクロピドグレルの併用は有効である中国・Beijing Tiantan HospitalのYilong Wang氏らは、軽症脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)後の急性期にアスピリンに加えクロピドグレルを併用投与した場合の臨床アウトカムと薬剤代謝酵素チトクロームP450(CYP)のCYP2C19の多型(SNPs)との関連について検討した結果をJAMA2016年6月23日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  CYP2C19の多型がクロピドグレルの併用効果を左右