メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  CYP2C19の多型がクロピドグレルの併用効果を左右

CYP2C19の多型がクロピドグレルの併用効果を左右

TIAおよび軽症脳卒中急性期における二次発作予防

 2016年07月05日 07:00
プッシュ通知を受取る

 CYP2C19の機能欠失型アレルを持たない群でのみクロピドグレルの併用は有効である中国・Beijing Tiantan HospitalのYilong Wang氏らは、軽症脳卒中または一過性脳虚血発作(TIA)後の急性期にアスピリンに加えクロピドグレルを併用投与した場合の臨床アウトカムと薬剤代謝酵素チトクロームP450(CYP)のCYP2C19の多型(SNPs)との関連について検討した結果をJAMA2016年6月23日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

プロ野球春季キャンプ中!今年の優勝予想チームは?(セ・リーグ編)

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  CYP2C19の多型がクロピドグレルの併用効果を左右

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02503962 有効期限:2月末まで