メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  DPP-4阻害薬のIMT抑制効果、有意性示さず

DPP-4阻害薬のIMT抑制効果、有意性示さず

わが国のPROLOGUE試験

 2016年07月05日 19:30
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (PLoS Med 2016年6月28日オンライン版)

 DPP-4阻害薬シタグリプチンによる2型糖尿病患者の総頸動脈(CCA)の内膜中膜複合体厚(IMT)への影響を検討した、わが国のPROLOGUE試験の成績が発表された(PLoS Med 2016年6月28日オンライン版)。DPP-4阻害薬を除く通常治療群と比べて、シタグリプチン群では重症低血糖の発生が少なかったものの、CCA-IMTの有意な改善は得られなかった。

※Program of Vascular Evaluation under Glucose Control by DPP-4 Inhibitor

主任研究者の野出孝一氏のコメントはこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者への食事指導で何を強調?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  DPP-4阻害薬のIMT抑制効果、有意性示さず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09503995 有効期限:9月末まで