メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  DPP-4阻害薬のIMT抑制効果、有意性示さず

DPP-4阻害薬のIMT抑制効果、有意性示さず

わが国のPROLOGUE試験

 2016年07月05日 19:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (PLoS Med 2016年6月28日オンライン版)

 DPP-4阻害薬シタグリプチンによる2型糖尿病患者の総頸動脈(CCA)の内膜中膜複合体厚(IMT)への影響を検討した、わが国のPROLOGUE試験の成績が発表された(PLoS Med 2016年6月28日オンライン版)。DPP-4阻害薬を除く通常治療群と比べて、シタグリプチン群では重症低血糖の発生が少なかったものの、CCA-IMTの有意な改善は得られなかった。

※Program of Vascular Evaluation under Glucose Control by DPP-4 Inhibitor

主任研究者の野出孝一氏のコメントはこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとっての診療のストレス解消法は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  DPP-4阻害薬のIMT抑制効果、有意性示さず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503995 有効期限:11月末まで