メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

死前喘鳴への対処、抗コリン薬は非推奨

『がん患者の呼吸器症状の緩和に関するガイドライン2016年版』

 2016年07月06日 15:00
プッシュ通知を受取る

西智弘氏  死期が迫った患者でしばしば聴取される死前喘鳴には、抗コリン薬やオクトレオチドの投与の他、吸引などの処置が慣例的に行われてきた。6月17~18日に開かれた第21回日本緩和医療学会学術大会(大会長=京都府立医科大学疼痛・緩和医療学講座教授・細川豊史氏)のシンポジウム「ここが変わった!! 呼吸器症状ガイドライン2016年版」で、川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンターの西智弘氏は、それらの対処法について「ガイドライン(GL)では推奨しない。家族への説明が重要」と述べた。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  死前喘鳴への対処、抗コリン薬は非推奨