メニューを開く 検索を開く ログイン

ヒマワリの種でアレルギー症状を呈した症例

過去のハムスター飼育時に素手で与えたときに感作か

 2016年07月06日 15:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 近年、食物アレルギーの感作経路として経皮感作が注目されている。藤田保健衛生大学皮膚科学講師の永井晶代氏は、海外旅行中にヒマワリの種を摂取して即時型アレルギーを呈した症例について、第65回日本アレルギー学会学術大会(6月17~19日、会長=東京女子医科大学内科学第一講座主任教授・玉置淳氏)で報告。過去のハムスター飼育時にヒマワリの種を素手で与えていたことから、その際に指をかまれるなどして経皮感作が成立した可能性を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ヒマワリの種でアレルギー症状を呈した症例