メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ヒマワリの種でアレルギー症状を呈した症例

ヒマワリの種でアレルギー症状を呈した症例

過去のハムスター飼育時に素手で与えたときに感作か

 2016年07月06日 15:05

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 近年、食物アレルギーの感作経路として経皮感作が注目されている。藤田保健衛生大学皮膚科学講師の永井晶代氏は、海外旅行中にヒマワリの種を摂取して即時型アレルギーを呈した症例について、第65回日本アレルギー学会学術大会(6月17~19日、会長=東京女子医科大学内科学第一講座主任教授・玉置淳氏)で報告。過去のハムスター飼育時にヒマワリの種を素手で与えていたことから、その際に指をかまれるなどして経皮感作が成立した可能性を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ヒマワリの種でアレルギー症状を呈した症例

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503954 有効期限:10月末まで