メニューを開く 検索 ログイン

H. pylori感染の診断と治療のGLが改訂

新たに「胃がん予防」の提言も

2016年07月06日 07:00

 日本ヘリコバクター学会による「Helicobacter pyloriH. pylori)感染の診断と治療のガイドライン(GL)」が今年(2016年)、7年ぶりに改訂されることになった。GL作成委員会委員長で国立病院機構函館病院院長の加藤元嗣氏は、GL改訂の経緯とポイントを解説し、「新GL改訂の大きなポイントは、胃がん予防について記載されたことである」と第22回日本ヘリコバクター学会学術集会(6月24〜26日、会長=大分大学環境・予防医学講座教授/ベイラー医科大学消化器内科教授・山岡吉生氏)のパネルディスカッション「新ガイドライン2016の改正のポイント」で述べた。

関連記事:H. Pylori感染GL、適応疾患の改訂ポイント

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  H. pylori感染の診断と治療のGLが改訂

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD503992 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外