メニューを開く 検索を開く ログイン

H. pylori感染GL、適応疾患の改訂ポイント

7年ぶりの改訂

 2016年07月06日 07:05
プッシュ通知を受取る

 2013年のHelicobacter pyloriH. pylori)感染胃炎への除菌治療の保険適用拡大を受け、「H. pylori 感染の診断と治療のガイドライン(GL)」が今年(2016年)、7年ぶりに改訂されることになった。慶應義塾大学医学教育統轄センター教授の鈴木秀和氏は、新GLの適応疾患について、第22回日本ヘリコバクター学会学術集会(6月24〜26日、会長=大分大学環境・予防医学講座教授/ベイラー医科大学消化器内科教授・山岡吉生氏)のパネルディスカッション「新ガイドライン2016の改正ポイント」で解説した。新GLでは適応疾患の他、「H. pylori感染との関連が推測されている疾患」として、新たにパーキンソン病(PD)、アルツハイマー型認知症(AD)、糖尿病なども記載される。

関連記事:H. pylori 感染の診断と治療のガイドライン改訂

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  H. pylori感染GL、適応疾患の改訂ポイント