メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  福島原発所員へのメンタルヘルス支援必要

福島原発所員へのメンタルヘルス支援必要

Fukushima NEWS Projectの研究結果

2016年07月07日 07:05

 福島原子力発電所員は複雑なストレス要因を抱え、産業衛生上の多様な課題も有しており、メンタルヘルス支援、敬意とねぎらい、社会からの理解と認知が必要となる。防衛医科大学校精神科学講座准教授の重村淳氏が福島第一・第二原子力発電所員へのメンタルヘルス支援活動Fukushima NEWS Projectの研究結果について第89回日本産業衛生学会(5月24~27日、企画運営委員長=福島県立医科大学衛生学・予防医学講座教授・福島哲仁氏)のシンポジウム「東日本大震災後の福島原子力発電所ならびに関連企業における産業保健活動」で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  福島原発所員へのメンタルヘルス支援必要