メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  血栓後症候群予防に弾性ストッキング2年を

血栓後症候群予防に弾性ストッキング2年を

【海外短報】

 2016年07月07日 18:00
プッシュ通知を受取る

 下肢近位部の深部静脈血栓症(DVT)と診断された患者における、血栓後症候群の予防を目的とした弾性圧迫ストッキング(ECS)の着用は2年間継続する必要があることを示す試験結果が、オランダのグループによりBMJ2016; 353: i2691)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  血栓後症候群予防に弾性ストッキング2年を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11503979 有効期限:11月末まで