メニューを開く 検索を開く ログイン

うつ合併でも男性更年期にテストステロンが効果

 2016年07月08日 07:05
プッシュ通知を受取る

 テストステロン補充療法はうつ病合併の有無にかかわらず、加齢男性性腺機能低下(LOH症候群患者)の精神症状を有意に改善させた。神戸大学大学院腎泌尿器科学分野の角井健太氏がLOH症候群患者に対するテストステロン補充療法が精神症状に及ぼす影響について検討した結果を日本アンドロロジー学会第35回学術大会(6月24~25日、会長=群馬大学大学院泌尿器科学教授・鈴木和浩氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  うつ合併でも男性更年期にテストステロンが効果