メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  うつ合併でも男性更年期にテストステロンが効果

うつ合併でも男性更年期にテストステロンが効果

2016年07月08日 07:05

1名の医師が参考になったと回答 

 テストステロン補充療法はうつ病合併の有無にかかわらず、加齢男性性腺機能低下(LOH症候群患者)の精神症状を有意に改善させた。神戸大学大学院腎泌尿器科学分野の角井健太氏がLOH症候群患者に対するテストステロン補充療法が精神症状に及ぼす影響について検討した結果を日本アンドロロジー学会第35回学術大会(6月24~25日、会長=群馬大学大学院泌尿器科学教授・鈴木和浩氏)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  うつ合併でも男性更年期にテストステロンが効果