メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  進行性精巣腫瘍患者の精子保存率は32%

進行性精巣腫瘍患者の精子保存率は32%

過去20年間の集学的治療施行症例の検討

 2016年07月09日 07:00
プッシュ通知を受取る

 過去20年間における進行性精巣腫瘍患者の精子保存率は32%だった。大阪大学大学院泌尿器科の福原慎一郎氏は同科で集学的治療を行った進行性胚細胞腫瘍患者の妊孕能温存、その後の挙児獲得状況の現状に関して検討した結果を日本アンドロロジー学会第35回学術大会(6月24~25日、会長=群馬大学大学院泌尿器科学教授・鈴木和浩氏)で報告し、精子保存と射精神経温存の啓発の重要性を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  進行性精巣腫瘍患者の精子保存率は32%

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10503989 有効期限:10月末まで