メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  自殺リスク高い青年を見分けて対処を

自殺リスク高い青年を見分けて対処を

米国小児科学会の自殺予防に関する臨床レポート

 2016年07月11日 07:00
プッシュ通知を受取る

 米国小児科学会(AAP)は自殺リスクの高い青年を見分けて対処する際に有用な小児科医向けの臨床レポートを改訂し、その中で小児科医は情動障害に着目して高リスク群を見分けることが重要であるとした。米国では自殺が青年(15~19歳)の死因の第2位を占める中、AAP は同レポートをPediatricsJul 2016, 138 (1) e20161420 )で公開した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  自殺リスク高い青年を見分けて対処を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09503990 有効期限:9月末まで