メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  白斑の国際的な新病型分類と病因

白斑の国際的な新病型分類と病因

第115回日本皮膚科学会総会

 2016年07月11日 18:15
プッシュ通知を受取る

 尋常性白斑は治療抵抗性で再発の頻度が高い難治性の疾患だが、2012年に日本皮膚科学会がガイドラインを発表し、標準治療が認知されるようになった。大阪大学大学院皮膚科教授の片山一朗氏は、第115回日本皮膚科学会総会(6月3~5日、会頭=東京慈恵会医科大学皮膚科主任教授・中川秀己氏)で、国際学会において尋常性白斑の新しい病型分類として全身性・汎発性・非分節性白斑を単に「白斑」と定義されたと述べ、病因としてインターロイキン-17A(IL-17A)や接着因子が関与していることを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  白斑の国際的な新病型分類と病因

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12504001 有効期限:12月末まで