メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

延命治療を希望しない全患者に心肺蘇生施行

DNARを表明しているがん終末期患者の救急搬送の実態

学会レポート | 2016.07.12 07:15

 半田市立半田病院(愛知県)麻酔科の杉浦真沙代氏は、心肺蘇生処置不要(do not attempt resuscitation;DNAR)を表明しているがん終末期患者の自院における救急搬送の実態を第21回日本緩和医療学会学術大会(6月17〜18日、大会長=京都府立医科大学疼痛・緩和医療学講座教授・細川豊史氏)で報告した。同氏は、事前にDNARの意思表示があった全例に心肺蘇生が施されていたことを明かした上で、"心肺停止後の救急搬送依頼は延命治療の優先を意味する"ことを患者や家族に理解してもらう重要性を指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  延命治療を希望しない全患者に心肺蘇生施行