メニューを開く 検索を開く ログイン

非肥満者のインスリン抵抗性に新知見

不活動下のDAG蓄積で惹起

 2016年07月13日 07:05
プッシュ通知を受取る

 順天堂大学大学院スポートロジーセンター/代謝内分泌内科学の筧佐織氏は、不活動下では骨格筋細胞内のジアシルグリセロール(DAG)の蓄積とインスリン感受性低下が生じ、高脂肪食の摂取によりさらにそれらが増悪するという非肥満者のインスリン抵抗性の新知見を、第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19〜21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「運動療法の現在と未来」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  基礎医学 »  非肥満者のインスリン抵抗性に新知見