メニューを開く 検索を開く ログイン

心リハで糖尿病合併冠動脈疾患の予後が改善

 2016年07月13日 07:00
プッシュ通知を受取る

 心臓リハビリテーション(以下、心リハ)は、心血管疾患患者が快適で質の高い生活を送るための総合プログラムである。順天堂大学大学院循環器内科学先任准教授の島田和典氏は、心リハ実施により糖尿病合併冠動脈疾患患者の予後が改善するなどの有効性を第59回日本糖尿病学会年次学術集会(5月19〜21日、会長=京都大学大学院糖尿病・内分泌・栄養内科学教授・稲垣暢也氏)のシンポジウム「運動療法の現在と未来」で紹介した。その一方で、糖尿病患者は運動耐容能が低いなどの問題点も指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  心リハで糖尿病合併冠動脈疾患の予後が改善