メニューを開く 検索 ログイン

精神疾患や薬剤は自動車運転のリスクか

運転新法と添付文書をめぐって

2016年07月13日 07:15

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

 疾患や服薬が影響する自動車運転に関する改正道路交通法と自動車運転死傷行為処罰法が2014年に施行され、添付文書で注意喚起が記載される薬剤が多い中、精神疾患患者が関わる事故も発生している。一方、病状が改善しても再発予防の服薬により患者が運転できないジレンマに陥り、社会復帰が阻害されることになる。疾患や薬剤が一様に自動車運転に影響するのか。識者に今後を展望してもらった(本記事は第112回日本精神神経学会の発表を基に構成)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  精神疾患や薬剤は自動車運転のリスクか