メニューを開く 検索を開く ログイン

外科・救急の敗血症DICに抗凝固療法が有用

 2016年07月14日 07:10
プッシュ通知を受取る

 アンチトロンビン(AT)活性は、播種性血管内凝固症候群(DIC)診断のマーカーとしてはいまだ議論が分かれるが、治療法の選択や予後予測に優れたマーカーであることも知られている。第38回日本血栓止血学会学術集会(6月16〜18日、会長=奈良県立医科大学小児科教授・嶋緑倫氏)において、北九州市立八幡病院副院長/消化器・肝臓病センターセンター長の岡本好司氏は、基礎疾患そのものが致死的であり、DIC発症リスクの高い外科救急領域での治療戦略について解説。腹膜炎などの感染巣をコントロールするために不可欠な手術の際、手術侵襲を加える前に速やかにAT製剤による予防的抗凝固療法を開始することで、DIC治療成績が良好となることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  外科・救急の敗血症DICに抗凝固療法が有用