メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

血小板機能高抑制と出血に関連性なし

PRASFIT-ACS試験のpost hoc解析より

 2016年07月14日 16:35
プッシュ通知を受取る

 急性冠症候群(ACS)に対する治療としては、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)と、アスピリン+チエノピリジン系薬の2剤併用抗血小板療法(DAPT)が行われている。DAPTに関しては、血栓イベントを防ぐとともに、出血を制御する必要があり、至適治療域のカットオフ値や、出血リスクの予測因子が臨床上の課題である。第38回日本血栓止血学会学術集会(6月16〜18日、会長=奈良県立医科大学小児科教授・嶋緑倫氏)において、三重大学病院臨床研究開発センターセンター長の西川政勝氏は、VerifyNow(P2Y12)およびVASPによる血小板機能検査値と出血イベントの関連性について、プラスグレルの国内第Ⅲ相臨床試験であるPRASFIT-ACS試験に関するpost hoc解析の結果を紹介(Thromb Res 2015; 136: 947-954)。血小板機能の高抑制(効き過ぎ)と出血イベントには関連性がないと述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  血小板機能高抑制と出血に関連性なし

error in template: found but mtif was expected