メニューを開く 検索 ログイン

3剤併用制吐療法にオランザピンの追加が有効

米・多施設共同第Ⅲ相試験

2016年07月15日 07:10

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

 3剤併用制吐療法に抗精神病薬オランザピンを追加することで悪心・嘔吐の予防効果が高まる。高度催吐性の抗悪性腫瘍薬に対しては、デキサメタゾン、NK1受容体拮抗薬、5-HT3受容体拮抗薬の3剤併用制吐療法が推奨されているが、悪心・嘔吐の副作用は個人差が大きく、多くの患者のQOL低下の要因となっている。こうした中、催吐作用の強い化学療法を受ける患者を対象とした米国の第Ⅲ相ランダム化二重盲検試験で,3剤併用制吐療法にオランザピンを追加することで,悪心・嘔吐の予防効果をプラセボに比べて有意に高めることが示されたことを米・Indiana University School of MedicineのRudolph M. Navari氏らがN Engl J Med 2016; 375: 134-42)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  3剤併用制吐療法にオランザピンの追加が有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504096 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外