メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  3剤併用制吐療法にオランザピンの追加が有効

3剤併用制吐療法にオランザピンの追加が有効

米・多施設共同第Ⅲ相試験

2016年07月15日 07:10

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

 3剤併用制吐療法に抗精神病薬オランザピンを追加することで悪心・嘔吐の予防効果が高まる。高度催吐性の抗悪性腫瘍薬に対しては、デキサメタゾン、NK1受容体拮抗薬、5-HT3受容体拮抗薬の3剤併用制吐療法が推奨されているが、悪心・嘔吐の副作用は個人差が大きく、多くの患者のQOL低下の要因となっている。こうした中、催吐作用の強い化学療法を受ける患者を対象とした米国の第Ⅲ相ランダム化二重盲検試験で,3剤併用制吐療法にオランザピンを追加することで,悪心・嘔吐の予防効果をプラセボに比べて有意に高めることが示されたことを米・Indiana University School of MedicineのRudolph M. Navari氏らがN Engl J Med 2016; 375: 134-42)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  3剤併用制吐療法にオランザピンの追加が有効