メニューを開く 検索 ログイン

薬剤性腎障害GLが発行、初の定義

日本腎臓学会

2016年07月15日 18:10

5名の医師が参考になったと回答 

 日本腎臓学会は今年(2016年)5月に「薬剤性腎障害診療ガイドライン2016」(以下、同GL、作成委員長=筑波大学腎臓内科教授・山縣邦弘氏)を発行した。慢性腎臓病(CKD)診療GLなどでも薬剤性腎障害という用語は用いられているが、明確に定義されたのは今回が初めて。同GL委員会委員の臼井丈一氏(筑波大学腎臓内科学准教授)は「腎臓専門医はもちろん、連携する非専門医や薬剤師にも同GLを活用してもらいたい」と第59回日本腎臓学会学術総会(6月17~19日、総会長=愛知医科大学腎臓・リウマチ膠原病内科教授・今井裕一氏)の教育講演で呼びかけた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  薬剤性腎障害GLが発行、初の定義

医師限定初回登録キャンペーン!
初めて会員登録いただいた医師会員には
500円分のポイント進呈!

※既に会員の方、過去に利用された方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD0516504103 有効期限:5月末まで