メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  妊娠糖尿病、季節によって有病率異なる

妊娠糖尿病、季節によって有病率異なる

【海外短報】

 2016年07月16日 07:00

 妊娠糖尿病(GDM)の有病率は季節によって異なる可能性があり、夏季は過剰診断、冬季は過小診断されやすいと、オーストラリアのグループがDiabetes Care2016; 39: 1218-1221)に発表した。

続きを読む 

夏季で有意に高く、冬季で有意に低い

 同グループは、世界保健機関(WHO)の診断基準を用いてGDMの有病率に対する季節の影響を検討した。温帯気候の地域で3年間にわたり、妊娠女性の経口糖負荷試験(OGTT)の結果を前向きに収集。7,369例の妊娠女性からOGTTの結果が得られた。解析の結果、冬季のOGTT 1時間値および2時間値の中央値は、年間全体の1時間値および2時間値の中央値と比べ有意な低値を示した(P<0.0001)。

 OGTT 1時間値に基づくGDM有病率は、年間全体と比べ夏季では29%高く、冬季では27%低かった(P=0.02)。同様に、OGTT 2時間値に基づく有病率は夏季では28%高く、冬季では31%低かった(P=0.01)。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  妊娠糖尿病、季節によって有病率異なる

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504050 有効期限:10月末まで