メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  "統合失調症には単剤治療"の普及を

"統合失調症には単剤治療"の普及を

 2016年07月19日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 日本では諸外国と比べ、統合失調症に対して抗精神病薬の多剤大量療法が行われていることが突出して多い。抗精神病薬の多剤併用率が65%程度、大量処方率が30%を超えるとの精神科臨床薬学研究会からの報告もあり、問題となっている。日本神経精神薬理学会が作成した「統合失調症薬物治療ガイドライン」のタスクフォースメンバーでもある大阪大学連合小児発達学研究科准教授の橋本亮太氏は、第112回日本精神神経学会学術総会(6月2~4日,会長=東京慈恵会医科大学精神医学講座教授・中山和彦氏)で「エビデンスに基づいたこのガイドラインにより、統合失調症への単剤治療の普及を」と訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  "統合失調症には単剤治療"の普及を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07504093 有効期限:7月末まで