メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

抗血小板薬による脳出血をどう治療する?

大学病院など263施設を対象にアンケート調査

 2016年07月20日 18:55
プッシュ通知を受取る

 抗血小板薬の服用中に発症する脳出血は、予後不良であることが知られている。さまざまな治療が行われているが、対応策の確立には至っていない。福島県立医科大学輸血・移植免疫学講座講師の鈴木裕子氏らは、脳出血治療に携わる263施設を対象にアンケートを実施し、臨床の現場では現在どのような対処がなされているのかを調査。第38回日本血栓止血学会学術集会(会長=奈良県立医科大学小児科学教室教授・嶋緑倫氏)にて、その結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  抗血小板薬による脳出血をどう治療する?