メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  美白化粧品による白斑、色素細胞の障害関与か

美白化粧品による白斑、色素細胞の障害関与か

第115回日本皮膚科学会総会

 2016年07月20日 19:05
プッシュ通知を受取る

 ロドデノール含有化粧品の使用により生じた脱色素斑は、2013年に関連化粧品が自主回収され、社会的な問題となった(関連記事)。山形大学皮膚科の阿部優子氏は、独自に開発したモデルマウスによる動物実験でロドデノール誘発性脱色素斑を再現し、メラノサイトの消失やロドデノール代謝産物について検討。ロドデノールの作用はチロシナーゼ活性に依存し、細胞障害性に影響している可能性を第115回日本皮膚科学会総会(6月3~5日、会頭=東京慈恵会医科大学皮膚科主任教授・中川秀己氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  美白化粧品による白斑、色素細胞の障害関与か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09504094 有効期限:9月末まで