メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  ニボルマブの適正使用で注意喚起

ニボルマブの適正使用で注意喚起

がん免疫細胞治療の併用で死亡例も

 2016年07月20日 18:45

 小野薬品工業は7月19日に、免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(商品名:オプジーボ)を投与中または投与後にがん免疫療法(免疫チェックポイント阻害薬またはインターフェロン製剤による治療を除く)を実施した症例で重篤な副作用が6例で報告されており、うち1例は死亡に至ったことを発表。同薬の適正使用に関して注意を喚起した(関連記事その1その2)。

続きを読む(読了時間:約 0.5 分) 

適切な施設・医師の下で投与を

 死亡に至った1例は60歳代男性で、再発非小細胞肺がんに対してオプジーボを投与後、23日目に他施設でがん免疫細胞治療を実施。31日目に失禁、失神、嘔気、体動困難を来し救急搬送、完全房室ブロックと診断された。36日目に心室頻拍が出現。37日目に気管挿管・人工呼吸器管理を実施。39日目に心不全、多臓器不全状態となり、40日目に心不全により死亡した。

 今回の発表で小野薬品工業は①同薬の適応外使用、がん免疫細胞治療との併用について有効性および安全性は確立していない②同薬の承認は同薬の単独投与で行われた臨床試験の成績に基づいている③同薬を使用する場合は、同薬の最新の安全性情報に留意する―ことを強調している。

 これに先駆け、7月13日に日本臨床腫瘍学会は、免疫チェックポイント阻害薬の治療を受ける患者に対して、施設要件と医師要件を満たす施設・医師の下で、適切な投与量・投与方法で治療を受けるよう提言している。

(大江 円)

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    90年以降、都道府県の平均寿命の格差が拡大

  2. 2

    副作用検索ランキング<2017年7月>

  3. 3

    重度精神疾患患者は平均余命が20年以上短い

  4. 4

    実は低かったサルコイドーシスの寛解率

  5. 5

    制吐療法に新たな推奨、ASCOガイドライン

  6. 6

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  7. 7

    真菌感染症の早期発見のために10の質問

  8. 8

    【キーワード】健康転換(health transition)

  9. 9

    妊娠中の抗うつ薬使用が児の自閉症リスクに

  10. 10

    今後読みたい記事は?

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    小児の即席麺関連熱傷、わが国で発生率高い

  2. 2

    今話題の「筋膜リリース」ってなんだ?!

  3. 3

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  4. 4

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  5. 5

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  6. 6

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  7. 7

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  8. 8

    大動脈ステントグラフトで死亡例も

  9. 9

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  10. 10

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  ニボルマブの適正使用で注意喚起

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08504133有効期限:8月末まで