メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ワーク・ライフ »  死ねばいいやと思うことが心の支えだった

死ねばいいやと思うことが心の支えだった

ギラン・バレー症候群の闘病記を軽快に描く
漫画家 たむらあやこ氏

 2016年07月21日 17:25
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 北海道・函館市で准看護師として奮闘していたある日、たむらあやこ氏は体調を崩してから、急に体に力が入らなくなり、みるみるうちに寝たきりになった。その後、壮絶な闘病生活を送ることになるが、持ち前のバイタリティーと家族の協力の下、少しずつ元気を取り戻し、今では漫画家として自身の闘病生活を超ポジティブかつコミカルに描き上げた『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー』(講談社 モーニングKC)を上梓した。たむら氏の難病との付き合い方について伺った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ワーク・ライフ »  死ねばいいやと思うことが心の支えだった

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10504117 有効期限:10月末まで