メニューを開く 検索を開く ログイン

成人喘息長期管理の在り方

第65回日本アレルギー学会

 2016年07月21日 18:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 昭和大学呼吸器・アレルギー内科教授の相良博典氏は、最新版の「喘息予防・管理ガイドライン2015」(以下、JGL2015)を踏まえつつ、成人喘息の長期管理・薬物療法について、第65回日本アレルギー学会学術大会(6月17〜19日,会長=東京女子医科大学内科学第一講座主任教授・玉置淳氏)の「ガイドライン企画」で概説。同氏は、成人喘息の長期管理・薬物療法では①的確な診断②病態の把握③環境・併存疾患の確認④気道炎症のコントロール⑤高いアドヒアランス−を重要ポイントに据える必要があるとした。ここでは、成人喘息の長期管理における薬物療法と高いアドヒアランスの維持に焦点を当てて発表内容を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  成人喘息長期管理の在り方

error in template: found but mtif was expected