メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 臨床医学へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

成人喘息長期管理の在り方

第65回日本アレルギー学会

臨床医学 | 2016.07.21 18:30

イメージ画像

 昭和大学呼吸器・アレルギー内科教授の相良博典氏は、最新版の「喘息予防・管理ガイドライン2015」(以下、JGL2015)を踏まえつつ、成人喘息の長期管理・薬物療法について、第65回日本アレルギー学会学術大会(6月17〜19日,会長=東京女子医科大学内科学第一講座主任教授・玉置淳氏)の「ガイドライン企画」で概説。同氏は、成人喘息の長期管理・薬物療法では①的確な診断②病態の把握③環境・併存疾患の確認④気道炎症のコントロール⑤高いアドヒアランス−を重要ポイントに据える必要があるとした。ここでは、成人喘息の長期管理における薬物療法と高いアドヒアランスの維持に焦点を当てて発表内容を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  臨床医学 >  成人喘息長期管理の在り方