メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

ウナギの摂取でアレルギー症状を呈した症例

ウナギの豊富なコラーゲンによるものか

学会レポート | 2016.07.22 07:00

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

 今年(2016年)の土用の丑の日は7月30日。専門店などでウナギを食べる人が増えるが、兵庫医科大学内科学リウマチ・膠原病科の田村誠朗氏は、ウナギの摂取によりアレルギー症状を呈したまれな症例を第65回日本アレルギー学会学術大会(6月17~19日、会長=東京女子医科大学内科学第一講座主任教授・玉置淳氏)で報告した。同氏は、皮ごと摂取する魚類であるウナギのコラーゲンにより発症した可能性を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  ウナギの摂取でアレルギー症状を呈した症例