メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 学会レポートへ戻る

喘息大発作例を5つのフェノタイプに分類

第65回日本アレルギー学会で多施設共同前向き研究実施

学会レポート | 2016.07.22 16:45

 近年は喘息予防・管理ガイドライン(JGL)の浸透に加え、吸入ステロイド薬(ICS)などの普及により、喘息の急性増悪による救急外来への受診や入院、喘息死は確実に減少した。ただし、年間の喘息死は1,500例ほど存在する。国立病院機構相模原病院臨床研究センターの関谷潔史氏らは、喘息死や致死的状態(near fatal asthma)を減少させるためには、直結する要因となる喘息大発作の臨床的背景を明らかにすることが重要と考え、全国17施設共同で前向き研究を実施し、5つのフェノタイプにクラスター分類できることを、第65回日本アレルギー学会学術大会(6月17〜19日,会長=東京女子医科大学内科学第一講座主任教授・玉置淳氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  4. 4

    維持できない体重減量はしない方がましか

  5. 5

    注目ワード「ケトン体」、これだけは知っておきたい

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  喘息大発作例を5つのフェノタイプに分類

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05504121有効期限:5月末まで