メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  脳卒中予防はグローバルかつ地域特性を考慮

脳卒中予防はグローバルかつ地域特性を考慮

32カ国 2万7,000人の調査、INTERSTROKE研究

 2016年07月22日 17:00
プッシュ通知を受取る

 脳卒中の予防にはグローバルな対策に加えて地域特性を考慮すべきである。32カ国約2万7千人を対象に脳卒中のリスク因子を調べた症例対照研究INTERSTROKEの結果、世界のいずれの地域でも血圧を含む10因子が全脳卒中の原因の約90%を占めており、血圧は依然として最も重要な修正可能リスク因子であるが、一部のリスク因子の相対的重要度については地域間で違いが認められ、脳卒中リスク低減に向けた戦略を構築する際には、当該地域のリスク特性を考慮すべきことをカナダ・McMaster UniversityのMartin J O'Donnell氏らがLancet2016年7月15日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  脳卒中予防はグローバルかつ地域特性を考慮

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09504141 有効期限:9月末まで