メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  適応症で異なる直接経口抗凝固薬の使用法

適応症で異なる直接経口抗凝固薬の使用法

VTEとNVAFでの相違点を解説―熊本市民病院神経内科・橋本洋一郎

 2016年07月25日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 熊本地震発生後、静脈血栓塞栓症〔VTE:深部静脈血栓症(DVT)/肺血栓塞栓症(PE)〕症例が増加し、直接経口抗凝固薬(direct oral anticoagulant:DOAC)の投与症例が増加している。DOACはもともと非弁膜症性心房細動(non-valvular atrial fibrillation:NVAF)に伴う心原性脳塞栓症を予防するための抗凝固療法に用いられてきたワルファリンの問題を解決するために開発された薬剤である。そのため、対象がVTEになると、適応、禁忌、用法用量が異なる。そこで、あらためてVTEとNVAFにおけるDOACの使用法についてまとめてみたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  適応症で異なる直接経口抗凝固薬の使用法

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09504145 有効期限:9月末まで