メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  小児FH、第一選択薬に「スタチン案」

小児FH、第一選択薬に「スタチン案」

日本動脈硬化学会

2016年07月26日 14:55

4名の医師が参考になったと回答 

 来年(2017年)の発行に向け、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」(日本動脈硬化学会編、以下同GL)の改訂作業が進んでいる。同GLの小児家族性高コレステロール血症(FH)治療ガイド・ワーキンググループの土橋一重氏(昭和大学小児科学講座講師)は、生活習慣の指導で十分な効果が得られない小児FHでは、10歳を目安にスタチン薬を第一選択とする薬物療法を開始するなどの案を、第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会(7月14~15日、会長=東京医科歯科大学教授・下門顕太郎氏)のシンポジウム「新時代の家族性高コレステロール血症診療」で示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  小児FH、第一選択薬に「スタチン案」