メニューを開く 検索を開く ログイン

2歳までに抗生物質3回以上で肥満に

【海外短報】

 2016年07月26日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像はイメージです

 2歳になるまでに抗生物質を3回以上使用した小児は4歳時点で肥満になりやすいと、米・Univer­sity of ColoradoのグループがGastroenterology2016; 151: 120-129)に発表した。

処方回数が多いほど肥満になりやすい

 小児期の肥満は成人の肥満と関係する。抗生物質は家畜の体重増加促進に用いられてきた。同グループは、英国のHealth Improvement Network(1,000万人以上の医療記録を網羅)から、1995〜2013年に生後3カ月以内で登録された小児2万1,714例を抽出。2歳以前の抗生物質使用と4歳時点の肥満との関係を後ろ向きに検討した。

 1,306例が4歳時に肥満だった。解析の結果、2歳以前の抗生物質使用は4歳時点の肥満リスクと関係していた〔オッズ比(OR)1.21〕。抗生物質の処方回数が多いほど肥満になりやすく、ORは3〜5回の処方で1.41、6回以上では1.47であった。抗真菌薬使用と肥満との関係は見られなかった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  2歳までに抗生物質3回以上で肥満に