メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  個別化進む米国の血友病治療

個別化進む米国の血友病治療

 2016年07月27日 07:00
プッシュ通知を受取る

 血友病治療に画期的な変化をもたらした定期補充療法が一般化しつつある中で、患者1人1人に合わせて治療するという個別化治療の在り方が模索されている。米国における血友病治療の専門家であるUniversity of Illinois小児科兼内科教授でイリノイ州の血友病診療の拠点であるBleeding and Clotting Disorders Instituteの所長も務めるMichael D. Tarantino氏に、同国の血友病の個別化治療の最前線を語ってもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  個別化進む米国の血友病治療

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07504170 有効期限:7月末まで