メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢者CKDには「蛋白質も食塩も腹八分目」

高齢者CKDには「蛋白質も食塩も腹八分目」

ディベート:高齢者CKDの蛋白質・食塩制限、フレイル予防の立場から

 2016年07月28日 07:00
プッシュ通知を受取る

 慢性腎臓病(CKD)は加齢に伴い増加する。高齢のCKD患者においては低栄養に起因するサルコペニアを中核病態とするフレイルを踏まえた治療が求められる。第58回日本老年医学会学術集会(6月8~10日、会長=金沢医科大学高齢医学講座主任教授・森本茂人氏)では高齢のCKD患者に対する蛋白質、食塩制限についてディベートセッションが設けられた。旭川医科大学循環・呼吸・神経病態内科教授の長谷部直幸氏は、フレイル予防の立場から登壇。過剰な蛋白質と食塩の制限はフレイルのみならず生命予後の悪化が懸念されるため、高齢者への食事介入は慎重に行うべきことを強調した(関連記事)。〔読み解くためのキーワード:フレイル

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢者CKDには「蛋白質も食塩も腹八分目」

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504155 有効期限:10月末まで