メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  アジア人ではBMI 27.5以上が減量手術の適応に

アジア人ではBMI 27.5以上が減量手術の適応に

 2016年07月28日 17:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 Metabolic surgery(減量手術)は肥満を有する2型糖尿病患者の新たな治療選択肢として、欧米を中心に施行例が増加している。米・Cleveland Clinic Bariatric and Metabolic InstituteのPhilip R. Schauer氏は、減量手術に関する近年のエビデンスについて解説するとともに、今年(2016年)6月に発表された国際共同声明においてBMI 27.5以上が適応となることを第76回米国糖尿病学会(ADA 2016、6月10〜14日、ニューオーリンズ)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

学校教育での体罰。認めますか?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  アジア人ではBMI 27.5以上が減量手術の適応に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07504254 有効期限:7月末まで