メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  「BZ系睡眠薬で認知症に」は本当か?

「BZ系睡眠薬で認知症に」は本当か?

安定した睡眠で認知症の改善を

 2016年08月01日 06:10

 東京医科歯科大学脳統合機能研究センター認知症研究部門特任教授の朝田隆氏は、日本睡眠学会第41回定期学術集会(7月7~8日,会長=日本大学精神医学系主任教授・内山真氏)で認知症と不眠と睡眠薬との密接な関係について報告した。同氏は最近、睡眠薬、ことにベンゾジアゼピン(BZ)系薬が認知症の原因になるのではないかといわれているが、同薬は認知症発症に直接的に影響するのではなく、認知予備能に損失を与えることで、認知症の発症リスクを高めていると指摘した。また、アルツハイマー病(AD)患者に運動習慣を身に付けさせることにより、記憶障害の改善が期待できるとの見解を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  「BZ系睡眠薬で認知症に」は本当か?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504262 有効期限:10月末まで