メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

着用型除細動器の使用実態

患者主導でショック作動の回避可能

 2016年08月02日 06:05
プッシュ通知を受取る

 着用型自動除細動器(Wearable Cardioverter Defibrillator;WCD)は植え込み型ではなく体の上に着用し、常時心電図をモニタリングし不整脈を検出するベスト型の除細動器である。2014年にわが国で使用が開始されたが、臨床での使用経験はまだ少ない。弘前大学大学院循環器腎臓内科学講座の石田祐司氏は、自施設でWCDを使用した62例におけるWCDの使用実態について検討し、ノイズや体動により数多く誤検出がなされていたが、レスポンスボタンにより患者自ら不適切なショック作動を回避できたことを第63回日本不整脈心電学会学術大会(7月14~17日、大会長=筑波大学循環器内科教授・青沼和隆氏)で報告。ノイズの多さが改善されれば、植え込み型除細動器(ICD)の必要性を適格に判断できる可能性があると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  着用型除細動器の使用実態