メニューを開く 検索を開く ログイン

非定型大腿骨骨折の実態が明らかに

日整会の全国調査からBP製剤との関連を検討

 2016年08月03日 06:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 骨粗鬆症に、定型的な大腿骨近位部骨折とは異なり、転倒程度の軽微な外傷で大腿骨転子下または骨幹部に発生する非定型大腿骨骨折(AFF)。ビスホスホネート(BP)製剤投与により発生リスク上昇が指摘されているが、実態は明らかにはされていない。第34回日本骨代謝学会(7月20~23日、会長=近畿大学奈良病院整形外科・リウマチ科教授・宗圓聰氏)の骨形態計測学会と日本整形外科学会との合同シンポジウムでは、日本整形外科学会が2010年から行っているAFFレジストリの報告がなされるなど、AFFとBP製剤との関連について最新の知見が報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  非定型大腿骨骨折の実態が明らかに